NO RICE NO LIFE

フランス料理、パスタ、スイーツ、一切無し!
女性リピーター率ゼロの飯ブログです。

2018年5月17日木曜日

寿 八方尾根

無性に喰いたくなる物が有る。
ラーメンだとホープ軒。
カレーだとCURRY SHOP ITOH。
とんかつだと藤芳。
そして新たにレパートリーに入ったドライカレー。
紛れも無く八方尾根。
完全にソウルフードになりつつ有る。
俺はこの近所の担当を外れたので最近は来ないが、無性に喰いたくなる。
散々色々各方面でドライカレーを喰ったが、ここのクオリティは先ず無い。
スパイシードライカレーだ。
しかもドライではない。
ニチャニチャなのだ。
決してディスって無い。
ニチャニチャでこの美味さが出せる事に敬服する。
今日はバーチーとぬらりひょん。
バーチーもここのは好物。
ぬらりひょんはカレー好き。
ここしか無い。
車で遠征。
店はまずまず混んでいる。
席に座りドライカレーを3つ注文。
仕上げはアイスコーヒーで。
厨房は狭く店主1人で捌く。
15分後に出来上がり。
久々の一口。
美味い!!
この味は他に無いぞ!
ニチレイの冷凍ドライカレーなんか、足下にも及ばん。
むしろ亜種だ。
歳を取ったので代謝が落ちたが、カレーで、しかもドライで汗をかくのはここだけ。
舌の味蕾に痺れが伝達。
そこに熱い味噌汁を飲むと痛い。
この痛覚がたまらん。
そして又ドライカレー。
そして味噌汁。
4回目にはもう何も感じない。
家の近所にこの店が有れば、土曜は毎週ドライカレーだ。
カレーも美味そう。
生姜焼きも美味そう。
でも頼むのはドライカレーのみ。
分かるだろ?
分かんねえだろうな。by松鶴家千とせ。
もっとわかんねえか。

2018年5月16日水曜日

赤坂 赤坂 蘭苑飯店

今日も赤坂。
今後はガナ嶋とバーチーで担当。
俺の20年前からのお客さん。
20年前は月に2万円位の仕事。
今では月に200万円くらいの仕事。
多分俺がどの社員より、どの下請けよりどの客より付き合いが長い。
俺の最初の頃の資産の1000倍位になっていると思われるが、俺に対するフレンドリーさは1対1。
全く変わらない。
俺は皆に言いふらしている。
こんだけ金持ちでこれだけ良い人は見た事が無い。
しかも芸能人ですら寄って来る人望。
だから俺は言う。
多分イルミナティーだよ。と。
良い人の金持ちは全てこれで賄える。
でも今日は居なかった。
でも居た!
俺に昼や夜に居る場所を送ってきて、何を喰えば良いか聞く、企画の長が!
では昼飯に。
勿論隣りの蘭苑飯店。
ガナ嶋に大腸ニンニク炒めを喰う様に指令。
お客さんにも指令。
バーチーにも指令。
まさかのお客さんとバーチーに裏切られる。
何だよ〜〜。
兎に角一度喰っておくれよ〜〜〜。
と言う俺はニラ玉に。
あんな物週に2回喰ったら、折角落ちた尿酸値がだだ上がりだわ!
先ずは4人に麻婆豆腐が。
お客が「どう言う事ですか?」
どう言う事もクソも無い。
サイドメニューだ。
その時米がお櫃で来る。
若けりゃこれで1杯喰える。
でも我慢。
俺のニラ玉が来た。
お客さんであろうと躊躇しないで先に頂く。
頂きま〜〜〜〜す!
ニラ玉を一口。
こりゃ美味〜〜い!
まだこの店で2品目だが確証を得た。
ここは夜に重宝するぞ!
家からも近いんで土日も来れる。
ちなみに大腸ニンニク炒めを皆ガナ嶋からもらい一口ずつ喰う。
全員大盛況。
大盛況なはず。
多分。

2018年5月15日火曜日

神田和泉町 陳家私菜

本日グループ飲み。
これは滅多に無い。
ガナ嶋とベニテングダケが下戸だ。
無理には誘えない。
今これやるとパワハラと言われるらしい。
俺は幾度とメシハラとサケハラは行ってきた。
しかも俺のおごりで。
おごるとハラスメントは成立しない。
ブラック企業だって金払えば黒が薄くなる。
シュールな世の中だわ。
今日は「会社の金で。」と言う前提で誘ってみた。
見事時間通り全員が集まる。
19時に会社を出る。
先日柔術仲間で行った代々木の陳家私菜。
もの凄く美味かった。
調べたら秋葉原に支店が有ったのだ!
今日の今日で予約。
簡単に取れた。
会社から歩いて10分。
ほぼ秋葉原。
有ったぞ!
入店!
客は俺等だけ。
席につき時間制限を告げられる。
ここから飲み物を注文。
スタ〜〜〜ト!
制限時間は2時間半。
前回もそうだったが、口水鶏が来た。
これは美味いのが分かっている。
見た目と辛さが違うのだ。
全然辛くなくて、旨味が強い。
皆どうだ!!
そうかそうか!
どんどん喰えよ!
俺の金じゃないけど・・・・。
続いて激ウマ麻婆豆腐。
俺の中で一番美味い辛さ。
今日も店員が掻き混ぜる。
石焼鍋が音を立てる。
カプサイシンが店内に。
これで一杯飲める!
取り分けて各自試食。
最高〜〜!
この後来る物は美味いのだが印象に残らない。
でも最後に来る。
刀削麺だ。
今までの俺の中で最高峰。
麺。
スープ。
辛さ。
旨味。
全て最高。
ここの刀削麺を喰ってから、新たな刀削麺を探す旅に出ることにした。
気が付きゃ2時間経ち、ラストオーダー。
早くねえか?
刀削麺の汁でまだ5杯は飲めるぞ。
しかしながら終了〜〜〜。
滅多に無いメンバーだからこれも良かったな。
秋葉原まで歩けば全員帰れるハブ駅。
良い会だった。

浅草橋 すずか

最近近所はチャリで営業。
近所の三筋まで。
そして毎回違うルートで帰る。
何か新しい店は無いかと。
今日見つけた。
先日までここは弁当屋だった。
いつの間にか店になっている。
時間は12時少し前。
興奮して立ち漕ぎで帰社。
飯に行こうとしていた3人を立ち止まらせる。
おい!新しい天ぷら屋発見したんで行こうぜ!
甘えん坊将軍とソプラノと芋洗坂46。
今日は道連れだ。
躊躇無く入店。
あらっ!間違い無くガレージ。
右はテーブルか?
左は確実にテーブルだ。
壁に向かい4人で座る。
奥に厨房が見える。
右の壁にはメニューが。
前の弁当屋の名残だな。
同じ店主か?
店主登場。
あらぁ〜〜だいぶ良い感じのお年寄り。
俺の親父位じゃないか?
80過ぎ位だ。
注文を取りに来た。
ではここの店で最高値の天重で。
俺等より先に居た客は、携帯も見ずに壁を見て座っている。
どう言う事だ?
暫くしてその客に飯が来る。
そそくさと喰い金を払い帰った。
俺等の飯はその15分後に到着。
天重到着〜〜!
ふたを開ける。
やや低温で揚げられたっぽい天ぷら。
取りあえず喰ってみる。
見た目より全然美味い。
いつもの如く海老残しで頂く。
丁度お茶が飲み終わる頃に、お婆さんがお茶をくみに来た。
あらぁ〜!凄い年季の入ったやかん。
褒めてみた。
40年前に銀座のホステスにもらったそうだ。
店の開店祝いにプレゼントされたんだと。
その後当時の話しを聞かされる。
第一勧銀に集金に言った話しや、銀座時代の話し。
俺はこういう生き字引の話しに興味が有る。
一通り話し終わった。
又飯を喰いながらラジオに聞き耳を立てる。
このラジオ不思議なBGMが流れてんな〜。って店主がエレクトーン弾いてる!
後ろのテーブルと思われた物はエレクトーンだった。
そして、かなり癖の強いアレンジで原曲が分からん。
2曲目も聴いた事有るが・・・・何だこの曲?
甘えん坊将軍がニヤニヤしている。
おいおい!
飯と生演奏が聴ける一大エンターテイメントだぜ!
3曲目になり分かった!
永六輔作詞のジェリー藤尾の「遠くへ行きたい」ではないか!
店主に言ったら大喜び。
作曲は中村八大だ。
そしたら中村八大の話しを仕始めた。
これで坂本九が唄えば六八九トリオだね。と言ったら無視された。
そこはノって来てよ。
80歳まで合わせられる会話力なんだから。
あ〜不思議で楽しい店。
まさに台東区!
これぞ台東区!
次回はバーチーのアコギと初のセッションだ!

2018年5月14日月曜日

赤坂 赤坂 蘭苑飯店

先週の金曜の夜にタモリ倶楽部を見ていた。
「編集所のグルメ!ヘビロテ必須のハコ飯コレクション」と言う回だ。
ハコ飯とはスタジオなどで缶詰状態で喰う出前弁当だそうだ。
俺なら死んでいるわ。
その編集所は港区。
出前は勿論港区。
最初に出て来たのは田町の天華。
良いチョイスだわ〜。
運転手時代に2度程喰ったがまだ有ったとは。
一番気になったのは赤坂の蘭苑飯店。
ホルモンをニンニクで炒めた物を丼の上に。
その名も大腸丼。
医療の部位を飯の名前にするとは。
せめてホルモンだろ。
でも喰ってみたいな。
あっ!月曜の商談赤坂見附じゃん!
しかも赤坂で新規飯屋を開拓しようとして、1時間空けといたんだわ!
行くしか無い!
赤坂見附から歩いて溜池山王方面に。
この辺の土地勘は半端無い。
バブルの頃に走り回っていた。
おっ!見っけた!
表で大腸が有るか見る。
有った!
昼飯で有るかは微妙だが入店。
テレビの力は凄いから、さぞかし混んでんだろう・・・ってガラガラ!
相席でメニューを見る。
あれ?無いな?
店員に聞いたらランチであると。
その名も大腸ニンニク炒めライス。
大腸の呼び名は変えた方が・・・。
暫くして来たライスとスープと麻婆豆腐。
これだけで十分だろ。
念の為メニューを。
ライスおかわり自由。
でもここは焦らない。
量が分からないのでそう易々とサイドメニューで飯は喰えん。
その時大腸ニンニク炒め到着!
うわぁ〜〜〜〜!彩り無し!
こりゃ素晴らしい!
とんでもないニンニク臭だわ。
大腸を一口。
ひょえ〜〜!美〜〜〜〜味い!
超強烈ニンニク臭とホルモンの臭みと交わった最高の漢飯!
これはヤバいぞ。
飯が半端無く進む。
酒でつまんでも相当美味いな。
米が足らん!
おかわりください!
二杯目位から気付いた。
この大腸スーパーハイカロリーだ。
満腹度が半端無い。
ちなみに今日は半端無く動いた。
そして相当考えて糖質を使った。
そして柔術に行き筋トレして帰宅。
全く腹が減らない。
950円でこの満腹度はお得だ。
でもプリン体も半端無い。
半年に1度にします。

2018年5月11日金曜日

両国 キッチン南海

何と言うお日柄の良さ!
先日のハワイより気候が良い。
こんな日は滅多に無い。
そして午後も落ち着いている。
行くぞ!
歩いて両国に!
南海の生姜焼き喰いに行くぞ!
これに賛同してくれたのは遇想ドロップとぬらりひょん。
2人共に体型は両国向きのアンコ型。
俺だけソップ型だ。
向かう途中の両国橋の上は最高だ。
金曜で橋の上は大渋滞だが今日は徒歩。
15分歩いて、5分で飯喰って、15分で帰る。
今日も聞ける。
おばちゃんの「いらったいまて〜〜!」が。
店に到着。
待ちは無しで直ぐに入店出来た。
「いらったいまて〜〜!」
久々に聞いたが素晴らしい音域だ。
俺は文句無しの生姜焼き。
ぬらりひょんは会社のキレンジャーと呼ばれている位カレー好き。
でも生姜焼きを頼んだ。
結局3人生姜焼き。
皆には言っておいた。
ライスの量が尋常じゃないと。
国技館の力士相手に商売してるんで、店側の量の認識が常軌を逸しているのだ。
でもたまにいる。
痩せているのにカツカレーの大盛りを頼む漢を。
皆ちゃんと完食している。
ここの飯は勿論美味いが、値段が安い。
そして量も多い。
全く非の打ち所がない。
こういう店は女性客が居ない。
一度も見た事が無い。
ただ太りに来るだけになってしまうので、敬遠しているのだろう。
俺は今日は太りに来た。
もう全然体重が上がらないし下がらない。
何も心配していない。
炒められる事5分。
遂に来た!
デカい!
半端無く多い!
これだ!
キャベツの千切りもとんかつ屋並の量。
もの凄く丁寧に細く切られている。
先ずはこれをマヨネーズで。
美味いな〜。
最後の方は生姜焼きのタレで喰う。
これも格別に美味い。
無くなった所で肉に移る。
先ずは米の量と肉を比較。
肉1に対して米1.8と試算。
このペースで喰う。
今日も味が濃くて美味い!
玉ねぎもタレが染み込んでいる。
最高〜〜!
米がそれにしても多い。
これ全部喰うのはやはりこの歳だと大変だわ。
なぁ?遇想ドロップ。って米だけ喰い終わってる!
おかずとキャベツが殆ど残ってる!
どういう喰い方だよ?
俺には理解出来ん。
南海で難解。

2018年5月10日木曜日

北上野 山田製麺所本店

飯を喰いそびれて千束に14時半。
千束の下請けさんに物を届けて一休み。
「この辺でこの時間美味いもの喰える店無い?」と。
山田屋は残念ながら14時まで。
戻って来た答えはやはり角満。
そうだよな〜。
竜泉まで来たら角満だよな。
冷肉久々に喰おう。
会社の前に車を停めさせてもらい角満へ。
歩いて2分。
あれ?
臨時休業!!!!
ついてねえや。
臨時休業だった事を告げて来るまで戻りつつ、ねぎどんに。
いや、ちょっと待てよ。
入谷にまだ未訪の立ち喰いそばが有ったな。
行ってみよう。
記憶は正しかった。
有った有った。
何とも古めかしい店内。
奥には店名通りの製麺機。
何にしよう?
春菊そばにかき揚げ乗せで!
既に茹で済みの麺を湯に通して出来上がり。
早い。
春菊天とかき揚げが見事な円盤形。
多摩川で俺の強靭な片でサイドスローで投げれば、水切りで向こう岸まで届きそうな素晴らしい形状。
汁に浸して柔らかくする。
それにしても春菊がこんなに好きになるとは。
30歳位まで大嫌いだった。
春菊好きにしてくれたのも神保町の天ぷらいもやのお陰だ。
でももう店も無いや。
やはり立ち喰いは良い。
無駄な時間が無い。
立って喰うのでスルスル入る。
そして安い。
台東区の立ち喰いそば制覇まで残り7軒。(資本系を除く)
立ち喰い文化って素晴らしい。