NO RICE NO LIFE

フランス料理、パスタ、スイーツ、一切無し!
女性リピーター率ゼロの飯ブログです。

2019年9月30日月曜日

神田駿河台 中華料理 やまだ

やや涼しいので電車営業。
明治神宮前から新御茶ノ水への千代田線。
新御茶ノ水で乗り換え。
脳内はやまだと決めている。
但しそんなに行かないので、俺の脳内にメニューは暗記されていない。
肉野菜炒め、チャーハン、中華丼、青椒肉絲、スタミナ焼肉。
もう最後は中華でもないが、喰ったものは覚えている。
確実ににありそうなもの・・・・。
天津丼!
今日はこれだな。
店に到着。
入る前から店内の天津丼の短冊が見えた。
先払いの食券制なので、天津丼をコール。
「天津麺じゃないの?」
じゃない!
何故に麺を勧める?
俺は米が好きなんだ。
天津丼の札をもらい席に。
店の高齢化が半端ないが皆冗談言いながら飯を作っている。
良い職場だな。
そして俺の天津丼が来た!
何と!塩味!
俺の理想形の天津丼だ!
まずは一口。
はい!最高が出ました〜。
何とも言えない塩だれ味。
玉子の中にはグリーンピースが数粒。
米は完全に白米。
これだけで半端なく美味い。
美味すぎてガンガン飲み込む。
天津丼こそ飲み物だ。
そもそも噛む要素が無い。
俺の将来の流動食だわ。

2019年9月27日金曜日

岩本町 岩本町スタンドそば

今日はのんびりと過ごす予定であった。
でもこの仕事の宿命である、急ぎの見積もり。
それも相当の数の見積もり。
裏取りをしないと、10円間違えても400万円近く損をする。
ゆっくり渋谷で飯っでも喰おうと思ったが、その商談が蔵前で16時から。
渋谷は3軒。
ただいま14時。
あおり運転しないと間に合わなない。
でも何とか15時半に岩本町まで戻ってきた。
今喰うしかねえ!
岩本町スタンドそばに飛び込む。
今日はたぬきそばにミニかき揚げ丼セットを!
それに紅生姜天を追加で!
俺も今日は相当イキっているが、今日の店の割り箸立てには叶わなかった。
そんなに補充面倒かい?
そばが最初に来た。
ここの紅生姜天は素晴らしく美味い。
紅生姜そのものがを喰っている感じだ。
その後かき揚げ天が。
ここのは天つゆにひたひたに浸けたもの。
これがまた美味いのよ。
そして甘いかき揚げは沢庵で舌をリセット。
今日も嬉しい570円。
これから数千万円の商談なのに・・・・。

上野 加賀屋

今日はアキバ道場時代の師匠が石垣島から戻って来る。
それに合わせてアキバ道場時代のメンバーが15人集まる。
本当にいつも集まりが良い。
そしてため息が出るくらい馬鹿ばかり。
これで一流企業に勤めてんだから、日本の行く末が心配になる。
店はいつもの加賀屋の上野広小路店。
本人不在でもう既に5人が飲んでいる。
そこに久々のブクロの鉄人と、2代目赤い彗星さんも居た。
取り敢えず2代目赤い彗星さんに「あけましておめでとうございます。」と。
今年初めて会った。
そりゃ西新宿の加賀屋に行かなくなる訳だ。
孫が可愛くてしょうがなく、柔術どころではないと。
そりゃそうだわ。
メインの先生も集まり、わらわらと更に人が増えていく。
総勢17名で馬鹿騒ぎ。
誰も柔術の話なんてしてない。
一部は大喧嘩しているし、その隣は大笑いしている。
何だこの人たち?
やはり狂っている。

2019年9月26日木曜日

千住旭町 味久

足立区梅田という地に、出来上がったサンプルを取りに行く。
超絶僻地。
この近隣に飲食店はあるのか?
20年以上通うが見たこともない。
会社に戻る途中で何か喰おう。
ふと気になり、16年前に亡くなってしまった会社の先輩の家の前を通ってみた。
6人家族だったが、すでに同居の弟しか存命じゃないので生活感がないな〜。
今でも生きてたらどうなっていたのか想像してしまう。
もう享年を俺が13も超えてしまった。
千住の色々な店に連れて行ってもらったわな。
それで千住好きになった。
今では自主的に千住散策している。
やはりいい町だ。
昔より近代化したが、まだまだ昭和の風情が残っている。
西口はよく来るが、大踏切渡った反対側はほぼ来ない。
今日はその辺で飯喰ってみよう。
今回は完全に行き当たりばったり。
良さそうな店に入るのみ。
何軒か目ぼしい所をめぐり、最終的に魚屋に。
昼飯はすごいメニューの量。
ほぼ魚料理。
今日はここで決まり!
入店!
先客3名。
店は奥までかなり広い。
入り口付近のカウンターに座り、あじたたき定食を注文。
暫くして出てきたあじたたき。
今世紀一番ボリューミー!
しかも捌きたて。
あじたたきの一切れもデカイ!
生姜がついているが臭みなんか微塵もない。
刺身の命である米が最高に美味い。
味噌汁も美味い。
何だこの名店は!
貧乏くさく一番安いあじたたきを喰ったが、刺身定食は凄いの出てきそうだ!
すぐに昼に来たい。
夜にぜひ来たい。
千住はいい店あるな〜。

2019年9月25日水曜日

浅草橋 カミヤ

時間は早く終わったが、柔術に行きたく無い。
嫌な事が有った。
俺以外誰もこれを知る者は居ない。
バーチだけ連れてカミヤに。
最近水曜の浅草橋が空いている。
残業無しの日はとっとと帰るのか?
それともセカンドビジネスか?
俺も飲み屋でバイトでもしようかな?
金には困っていないが、酒に困っている。
まかない酒出るのかな?
今日は前回品切れだった金宮を補充しに。
どうも俺よりもバーチーの方が話したい事が有ったようだ。
なんでも俺に聞け!
但しシロ喰ってからね。
今日も美味いな〜〜〜。
最高のホルモンだわな。
で何だ?
聞きたい事って?
ちょっと待て!
ぼんじりも喰わせてくれ。
はぁ〜〜美味い!
で何だ?
俺の貯金残高か?
3万しかないよ。
今月分の飲み代しか。
違うの?
仕事の話ね。
でもさ〜。
飲み屋で仕事の話はよそうぜ。
金宮飲んで明日を迎えるだけだ。
あっ!俺の嫌な事忘れてた!
酒のお陰ではなく能天気。

新橋 三陽

甘えん坊将軍とお客の展示会に。
俺が15年前まで担当していたが、ほとんどのメンバーが変わっていない。
アパレル系では珍しい会社。
人を大事にしていると言うことだ。
会社は大きくは無いが、いつもおしゃれの最先端をいっている。
そして他所にデザインをパクられる運命。
こればかりはしょうがない。
商品なんか全然見ずに、立ち話して帰ってきた。
さて!飯だ!
甘えん坊将軍が珍しくラーメンを喰いたいと。
しかも家系。
神田のわいずを言われたが、この前喰ったばかり。
新橋の谷瀬家に行こうと言うことで手打ち。
車を停めて店の前に。
ゲゲゲっ!
20人ぐらい並んでいる!
この前来た時は息子と土曜の夜に来たんだ。
そりゃ空いてるわな。
流石に20人は待てない。
近所の三陽に。
全然家系ではなく、町中華。
こちらもやや人は居るがカウンターは空いている。
席に座り中華丼と餃子を注文。
もうラーメン気分ではなくなっていた。
甘えん坊将軍はラーメンを注文。
本当にラーメン喰いたかったのね。
暫くして出てきた中華丼はなんと塩味!
ここはタンメン餃子の店。
このあんかけでここのタンメンの具合が垣間見れる。
シンプルな中華丼だ〜。
中華丼のアルピノ種だな。
では、一口。
うまぁ〜〜〜いいい!!
素晴らしい出汁と塩加減!
塩味中華丼としては最高の味だ。
これはタンメンも確実に美味いだろうよ。
遅れてきた餃子。
焦げ加減が素晴らしい。
こちらも何も付けづに頂く。
はい、火傷しました〜。
餃子の沸点に達している。
皮を開き中を冷ます。
やっと喰えるようになったので頂く。
熱くて水と共に飲み込み味がわからん。
もう一度いただく。
にんにくは控えめ。
肉は少なめの野菜餃子だ。
家のに似てるな。
やはり町中華は滑らん。
今日の収穫は塩中華丼。
これは次回もリピート必須!

2019年9月24日火曜日

神田佐久間町 とんとん亭

珍しく珍獣と偶想ドロップと飯。
珍獣には自分が無い。
飯を主導された経験がない。
いつも言うがままに着いてくる。
その部下の偶想ドロップは主張が強い。
でも言うのはカレーという言葉のみ。
珍獣が「米を食べたいです。」と。
このままだとイニシアチブ握りたがる偶想ドロップに、ココイチにさせられる。
ここで米の美味い店といえばとんとん亭。
歩いて向かう。
会社から約7〜8分。
喰い過ぎでやや太めの偶想ドロップ。
結婚して「これが幸せ太りだ!」と言わんばかりの増量中の珍獣。
たまには歩くのも良かろう。
俺も運動不足だし。
店に到着。
この界隈の業態的なものか知らないが、12時30分を過ぎると人が居なくなる。
ゆったりとした席に座りメニューを。
珍獣は「ヤカニ」にすると、道中話していた。
ヤカニとは焼肉カニコロッケだ。
店の人がスラングとして厨房に使う。
それを珍獣が生意気にも使う。
「ヤカニで!」
「はぁ〜〜?」
伝説のやりとりだ。
でも今日入ったらBランチが焼肉、カニクリームコロッケ、惣菜の3点セットに鞍替え。
あのやりとり聞きたかったな〜。
ちなみにランチはカニクリームコロッケで、通常はカニコロッケなのだ。
俺はいつもの焼肉目玉。
この頼みかたは通用する。
5分で到着〜〜。
目玉焼きも玉子2個。
この下にナポリタンと焼肉が。
この子供が大好物のおかずを最高の米で喰う。
今日も艶といい炊き方と良く喉越しも最高!
目玉焼きはもちろん俺は醤油で頂く。
米が足りないがここは我慢。
昔は喰い放題だったので、3杯喰っていたが今は昔の話。
3杯喰ったら眠くて仕事が出来ない。
そしてあっという間の血糖値上昇。
歩いて帰ります。

2019年9月21日土曜日

南麻布 麻布ラーメン

息子が塾に行きつつ飯を喰おうと。
塾は麻布十番。
では久々に麻布十番の麻布ラーメンに行こうという事に。
もちろん歩いて行く。
「あっ!盛雲亭がやっている!」
息子は見ようともしない。
「あそこに笑の家あるよ。」
見ようともしない。
少し歩くと麻布餃子が煌煌と明かりがついている。
ここでは麺を喰う気にはなれない。
その隣に店が出来ているが、街路樹で見えない。
黄色い看板が見える。
街路樹から見えた文字は麻布ラーメン!
お〜〜!遂に!遂に本店が帰ってきたぞ!
息子に言うと本店で喰おうと言う事で決定。
俺が22〜23歳の時に初めて店舗構えたた時の横。
本当の意味で戻ってきた。
表には開店祝いの花だらけ。
入店!
目の前に見慣れた券売機。
店は奥まであり相当座れる。
店の中も花がいっぱい。
胡蝶蘭の匂いがする。
息子は塩とんこつチャーシューメン。
俺は塩とんこつラーメン。
あとジムビームハイボールを。
出来たばかりな様で、餃子もチャーハンもボタンはあるが売り切れ。
店員は前の本店と同じ東南アジア系の女性たち。
店がいつ出来たのか聞いてみた。
「この店いつオープンしたの?」
「アサゴジマデヤッテマス。」
全然通じなかった。
諦めて食券を渡す。
ハイボールを目の前で作っている。
ウイスキーを2プッシュして炭酸を注入。
泡が一気に出そうになった所で持ってきた。
泡が引いたら半分しかない。
「お〜〜い!お姉さん!」
呼んで炭酸を並々注げと伝える。
何だかピンときていない。
泡引く前に持ってきたから半分しかなかった事を伝える。
奥から先輩東南アジア人の女性が出てきた。
「コオリスクナクシテモットノミタイノ?」
違う違う!
半分飲んで注げとは言ってない。
元々全然入ってなかった旨を伝えたらやっと納得した。
息子から見たら単なるアル中難癖親父だな。
いつもの辛もやしとネギもある。
ネギをチェック。
無い!
ネギが全然入ってなかったので追加を伝える。
これはすぐに納得した。
ラーメン到着〜〜。
お〜〜!このビジュアルは間違いない!
ネギを大量投下。
スープを飲んでみる。
素晴らしい!
まさにこの味!
やっと帰ってきたよ〜。
本当に嬉しいな〜〜。
麺も黄色い縮れ麺。
やはり麻布ラーメンだぜ!
ただ一つチャーシューだけが違った。
前回の、のの字巻きのバラチャーシューではなく、ロースに変わった。
でも年齢的にこれはこれでありかな?
最後はもちろんネギを追加で汁完飲。
息子の間食を待っているとまたボールペンくれた。
麻布ラーメンのお祝いはいつもボールペン。
ありがたく使おう。
なんと言う良い日!
これで飲んだ帰りのラーメンにはまた困らない日が来た。

2019年9月19日木曜日

中野 大衆酒場よし葉

今日はさようなら中野会。
珍獣が今週で中野を去る。
結婚してかみさんの社宅に入ると言うのだ。
今日のメンバーはスーパーイーグルさんと珍獣とボブ。
ボブがアテンド役。
何も言ってないが金宮を出す店をチョイスしてくれた。
今日も豊海屋かと思ったらちゃんと良いとこチョイスしてくる。
何度もこの前を通っているがお初だ。
奥のテーブルに着席。
カウンターには若き常連が1人飲み。
1人飲みが1人空けて座って、その隣も空いてまた1人。
1人常連が多いようだ。
まずはシャリ金を頂く。
これさえ有れば俺は何も要らん!
牛もつ煮込みと牛すじ煮込みを推しているので両方いただく。
まずは引っ越しに乾杯〜〜!
シャリ金美味ぇ〜〜!
何だよ〜〜。
もっと前からここ来りゃ良かったな。
よく考えたら珍獣が中野に引っ越してから、珍獣と一度も中野で飲んでないや。
クソの役にも立たない引っ越しだったな〜。
とりあえず次の川口では先にいい店探しておけと伝える。
ただ一つ問題があると。
大田区時代に買った車ののナンバーが品川で、今度川口ナンバーになるのが嫌なんだと。
そもそもお前は練馬ナンバーだろ!
目くそ鼻くそだわ。
さて!煮込みが来たぞ。
見た目は最高だ。
まずは牛すじ煮込みから。
こりゃ美味ぇ〜!
こんな上品なすじ喰ったの初めてだわ〜。
八丁味噌というかデミグラスソースというか。
トロントロンだよ。
煮卵は年功序列でスーパーイーグルさんの元に。
牛もつ煮込みも喰ってみる。
本当にもつのみの正統派煮込み。
こちらも相当美味い。
合わせ味噌のようだな。
臭みは全くない。
ここまで柔らかく煮込まれていると既に飲み物だよ。
ボブ流石だ!
ここは美味いぞ。
客がいかつい男ばかりなのも頷ける。
シャリ金から金宮にチェンジ。
やはり金宮の方が落ち着く。
これをボブとシェア。
2人で2〜3杯ずつ程の小さいボトル。
これでつまみを追加。
何喰ってもこの店は美味い。
やはり中野はいいな〜。
珍獣居なくても全く問題なく来るけどね。
いい感じに仕上がりお会計。
結構安い。
では次!
次はなく即時解散。

浅草橋 みちのく

昨日の酒かも知れんが腹の減りが半端ない。
半端ない腹減りなのに魚が喰いたい。
老いもここまで来た。
珍獣を捕まえて魚を食べに行こうと。
みちのくを提案すると快諾。
珍獣はみちのくファンだと言うことは周知の上。
会社の下に降りるとスーパーイーグルさんも飯に行くと。
みちのくを伝えたらやや乗る気のないご様子。
人生で魚を美味そうに喰ってるのを数回しか見たことがない。
みちのくに納得して店に。
奥の座敷が空いていた。
座敷で飯喰うのが好きなのだが、靴紐を解くのが本当に面倒だ。
焦ると固結びになり更に焦る。
席に着き俺は穴子丼を注文。
珍獣は生姜焼き。
スーパーイーグルさんは果して何を喰うのか?
生姜焼きだと思ったらまさかのホッケだった。
俺の穴子丼から到着。
山椒も付いていたのが最高に嬉しい。
山椒を山ほどかけていただきます。
いやぁ〜美味い!
やはりうなぎより美味い!
負け惜しみだと思うだろ?
負け惜しみだよ。
うなぎ喰いたいが金が無いんだよ。
でもこの穴子が美味いのは確かだ。
スーパーイーグルさんがホッケを喰いながら「美味ぇ〜!」を連発。
魚喰ってるの見たの久々だし、あまり美味いとマズイを言わない人だから珍しい。
米が美味すぎると言うことで、数年ぶりに見た米のおかわり。
味覚は老人化しているが、食欲はまだ若者だった。
羨ましい。

2019年9月18日水曜日

常盤 魚三酒場

今日も客と飲み。
客と言いつつ従兄弟。
下請けでもありお客でもある会社に4歳下の従兄弟がいる。
こいつと今日は飲みに行く。
子供の頃から一緒に遊んでいた。
20年ぐらい前からしばし飲みに行くようになり、今日はサシ飲み。
水曜日はノー残業デイだと言うので、今日を選んだ。
向こうは門前仲町。
俺は浅草橋。
あいだ取って清澄白河で。
そうなると必然的に魚三に。
俺も最近頻繁に来る。
従兄弟も先々週来たそうだ。
その時後輩と来たそうなのだが、定員のおばちゃんがどうもお客の経理だったと言う。
不確かな様だが、確認はしてないと。
何でしないの〜。
勿体無い。
常盤の魚三はカウンターが二列。
列ごとに担当のおばちゃんが居る。
今日はそのおばちゃんの方だった。
取り敢えずビールとなんか適当に持ってきてと頼む。
鯛と鰯が来た。
真逆な魚でちょうど良い。
では!乾杯〜!
従兄弟は3人兄弟の真ん中。
俺も3人兄弟の真ん中。
お互い意見が合う。
魚喰いながら色々と話を。
飯が無くなった。
おばちゃんを呼ぶ。
勿論おばちゃんでは無い。
「お姉さ〜〜ん!」と黄色い声で。
こうすると直ぐ来る。
何か貝頂戴と頼んでみた。
全然来ない。
全く来ない。
忘れてそうなのでもう一度「貝ね!」と。
嫌そうな顔をする。
こうなったらリーサルウェポンだ。
仲良し大作戦を遂行する!
おばちゃんが来た時に話しかけてみた。
「ねぇねぇ。この近所の印刷工場で経理やってなかった?」と。
驚いた顔で「なんで知ってんの?」と。
「こいつがその出入り業者。」と従兄弟を指差す。
そしたら会社名を言われた。
はい!ご名答!
ここからまぁ〜話す。
そしてやたら優しい。
「何か食べる?」まで言ってくる。
ここからお好みで頼んでみた。
海老のかき揚げと天ぷら盛り合わせを。
天ぷらはどちらも330円。
狂っている。
これを天つゆで喰う。
あ〜〜良い大人になったな〜〜。
天ぷらで酒を飲むのが若い頃の夢だった。
湯豆腐も頼み赤貝も注文。
今日の魚三はなんでも出てくる。
ここらで日本酒に。
やはり貝には日本酒だな〜。
しみじみ美味いぜ〜。
〆はお汁で。
これで今日飲んだ酒は全て浄化される。
50歳と46歳の親戚通し。
年取ったマスオさんとノリスケさんみたいなもんか。
お互い老い先短い。
また飲もう。